たった1つのウィッグで人生変わった話

こんちゃ。脱毛系女子のさなです。

今ではウィッグ生活楽しんで毎日ハッピー野郎している私ですが

ある1つのウィッグに出会う前は引きこもりコミュ障廃人ニート野郎でした。

だってハゲてんだもん。

こんなんで人前に出たいわけないじゃんばーか

と下を向きながら誰にも会わず家で毎日アニメばかり見て一日が終わっていくっていう

そりゃーつまんねー毎日を過ごしていたわけですが

今は仕事が終わったら自分のお気に入りの部屋に帰ってきて

休みの日は友達と飲みに行ったり彼氏とデートをしたり

毎日楽しいなああああうひょおおおおって思えるような毎日になったのは

え!?可愛い!!!!あたし超可愛い!!!!

って思えるウィッグに出会ったからに他なりません。

ハゲは人ひとりを簡単に廃人にする。

私はもともと暗い性格ってわけではなくて

どっちかっていうとカラッとした性格で

人と関わることがすごく好きなタイプです。

週に1日一人の時間があればいいかなーってくらい。

あとは誰かと話すなり遊んでたいかな。

でも何年もそんな感じで地毛で過ごしていたのに

脱毛症が再発して身体中の毛が無くなってしまったとき

それはそれは一気に自信を無くし

すべてのやる気と元気を失ってしまいました。

だってすごいショックだった。

誰とも会いたくない。話したくない。むしろ外にも出たくない。

こんな姿じゃ生きていてもしょうがない。

何をしたってきっと楽しくない。できない。

ネwガwティwブwwww

っていまなら笑えるんだけどね。

でも本気でそう思っていました。

髪の毛が減っていくことに比例して誰からの連絡も返さなくなり

どんどん外に出ることが減っていき

日の光を浴びずに過ごす1日が当たり前になっていきました。

もちろん1日の中で笑う瞬間なんてない。

ただひたすら抜け毛の散らばった部屋でスマホの画面をぼーっと見ているだけの日々でした。

数カ月はそんな感じだったかな。

いま書いてて思ったんだけどやべえな?

でも髪の毛を失うってことはそんくらいの攻撃力がある。ほんとに。

よく頂くメッセージで

「くよくよ悩んでばかりで自分が嫌になります・・・」っていうのがあるんだけど

そりゃ当たり前やで。

むしろそれが普通です。それでいいんです。何も悪くないです。

明るくいようなんて思ってもうそれ以上無理しないでくれ。

私も毎日うつむいて過ごす自分が大嫌いだったから

その気持ちは痛いほどわかるんだけどね。

でも自分のこと嫌いって、すごく辛いよね。

だって自分は自分以外の人にはなれないんだもん。

どうあがいたって一生自分でいることからは逃げられないんだもん。

だったら、自分の事好きでいれたら

きっとすごく世界が変わるんじゃないかって思った。

今の自分を好きになるにはどうしたらいいかなって考えたとき

思ったんです。

ハゲ散らかった自分の外見がどっから見ても好きじゃない。

可愛くない。

起きたら髪の毛全部再生してたらいいのにな。

そりゃ無理だな。

それなら自分の髪だって思えるくらいすごく可愛いウィッグがあったらいいのになって。

ここ

すごく可愛いってとこがポイント。

ウィッグなんて選ばなければかなりの数があるし簡単に手に入る。

でも私には自分を好きになれるような、自分をすごく可愛いと思えるようなウィッグじゃなきゃ意味がないんです。

だってそうじゃなきゃ余計に自信が無くなってしまうから。

ウィッグはただのハゲを隠すためのものになってしまうから。

ハゲを隠すには「ズラ」っぽいウィッグしかないと思ってた

小さい頃からウィッグを着けて過ごしてきたので

ウィッグを着けること自体には抵抗が無かったのですが

当時のウィッグっていうのはいかにも「カツラ!」っていうウィッグしかなかったんだよね。

もっさりしているというかなんつーかもろばれやんけみたいなやつ。

経験ある人ならわかると思うんだけど

せっかく買った(買ってもらった)ウィッグを被ってみたとき

「頭になにかをのせてまっす!ズラでっす!うぃっす感があると

めちゃくちゃテンション下がるんだよねー

これつけて外出るのかー・・みたいな。

周りは思ってるより気にしてないし他人のことなんて

そんなにじっくり見てないんだけど

他の誰でもない自分が気になっちゃったらもうそれはだめなんだよね。

なのでウィッグを探すときにも

どうせ頭もっこりするんやろなー・・・おしゃれとは程遠いんだろうなー・・

って半ば諦めがちでした。

毎日ネットでぽちぽち検索してるとふと

リネアストリアっていうウィッグショップを見つけました。

今のウィッガーの中では有名みたいだけど昔は無かったんだよ!

ラインナップを見ていくと

今っぽい髪型ばっかりでほーんええやん可愛いやんけと思ったんですが

今までいろんないまいちウィッグを経験してきた私には

どーせ写真のおねえさんが可愛いからなーとか写真と実物は違うんだよなーとか

そこまで期待はできず、

でもとりあえず買わなきゃだし無料だし試着に行ってみようと思って行ってみたのでした。

 

感想「は?こんな可愛いウィッグあんの?」

店舗まで試着に行って

とりあえず気になったウィッグを片っ端からかぶせてもらったんだけど

それがどれもかぶってみてもなんかね、

なにひとつカツラっぽくなかったんだよね。

ウィッグっていかにカツラっぽさを無くして被るか、

みたいな努力が必要なんだと私は思ってきたんだけど

こんなに最初からカツラっぽくないウィッグがあるってことに衝撃を受けました。いやまじで

ふつーに地毛じゃん。なにこれ。

最初の感想ねこれ。笑

そもそもヘアスタイルが女の子っぽくて可愛くて、全然頭がおっきく見えたりもしなかった。

こんなウィッグがあるのかよって。なんだよ早く教えてよ。

あのウィッグを着けた瞬間の自分を見ての

「あー・・・ズラっすね」っていう残念な感じが全く無かった。

むしろ自分ってどのウィッグも似合うんじゃね????

って錯覚に陥ったね。

スタッフのお兄さんの「お似合いですよー!」をがっつり真に受けただけかもしんないけどさ。

ウィッグの性能とかね、かぶり心地とかを選んでるっていうよりも

髪型を選んでるよーな気分になったんだよね。

自分の好みの髪型をただ、わくわくしながら選んでる。

それがなんかすごく久しぶりで、楽しくて、嬉しくて。

美容室行ってどの髪型がいいかなーって選んでるときのあれ。

「どの色がいいかなー長いほうがいいですかねー!?」

スタッフさん「いや~僕は短いのも似合うと思いますよー!」

「あ、これもカワイイ!!」

スタッフさん「じゃ次これいってみましょう!」

(えっなにこれ楽しい・・!)

てなった。

そんで結局一番気に入ったやつを買って(下にリンクのせとく)

それはそれは気に入ってるんだけど

こんとき思ったんだよね。

ウィッグはさ、ハゲを隠すためのものじゃなくて

可愛い!楽しい!嬉しい!って、自分をハッピーにしてくれるものだってさ。

ウィッグを選ぶときでさえ私を楽しくさせてくれたんです。

病気で髪を失くして義髪を着ける。

平たく言えばそういう現実なんだけど、でもそうじゃない。

ウィッグっていうツールを使って今よりハッピーになるってこと。

リネアストリアのHP見たら同じこと書いてあって笑った。

リネアストリアがいつも思っていること。
それは、ウィッグと一緒に「HAPPY」もお届けすることです。
ウィッグという「物」だけでなくて、 一緒に私たちの、「心」も届きますように。

「ウィッグって何の為にあるんだろう?」
時々、そんな事を考えます。
お水やパンは、ないと生きていけないし、
お薬や服だってそう。生活必需品。
じゃあ、「ウィッグ」は?
ウィッグがなくったって、お腹は減らないし寒さに凍えることもない。

そんなことを考えていたら、ある日ふと閃きました。
「ウィッグが欲しいなと思う時、
リネアストリアに来ていただける時、
それは、今よりもちょっとだけ、
HAPPYになりたい時じゃないかな?」

引用:リネアストリアの想い

いま私が書いたこと

企業理念まんまじゃん

採用してくんないかな。←

でもこういう想いでウィッグを売ってるお店があって

そのウィッグでハッピーになれた私がいて、

それってすごく素敵なことだと思うのです。

そしてそんなハッピーになれるようなウィッグに出会えて良かったなぁと思うんです。

リネアのウィッグたった1つでうつむいて過ごしてた毎日が180℃変わった

人って言うのは単純なもので

今まで家から出たいとか誰かに会いたいとか、全く思わなかったのに

お気に入りのウィッグを手に入れたわたしは

いそいそとお化粧をして外に繰り出すようになりました。

新しい服買うとおしゃれして出かけたくなるあんな感じの気分ね。

数カ月ぶりにするお化粧はひどいものでしたが

気分はめちゃくちゃ明るかった。

記号で表すなら完全に「♪」だね。だろうね。

「♪♪♪」過ぎて

駅のホームで自撮りなんかしちゃったよね(爆)

断ってばっかいた友達からのお誘いも行くようになって

行ったら行ったですごく楽しくて。

毎日笑っていることが多くなってきて。

無くしてしまってたやる気と元気が復活したからか

他にもやりたいことがどんどん増えてきて

なんでもできるような気分になって

ウィッグだから、とかそんなことは考えず

なんでもやりたいと思えるようになりました。

もちろん大好きなダイビングも再開。

ハッピーな人に怖いもんなんてね、ないんす。

行動的になればなるほど、どんどん人生が楽しくなっていく。

完全に思い付きだけど

新しい家に引っ越して

新しい生活を始めて

素敵な彼氏も出来ました。

可愛いと思う自分になれたから

自分のことが大好きになりました。

ウィッグを被っていないときですら可愛いって言ってくれる人にも出会えました。

女性のみんななら分かってもらえると思うんだけど

出かける前に鏡を見て「♪」の気分になれるかどうかってすげー重要なんですよね。

出かける朝の気分が「♪」の毎日は、とても幸せです。

ウィッグという道具を使って自分に自信が持てるようになって

そんな自分を好きって言ってくれる周りの人たちのこともどんどん好きになってって

もう幸せのループ。たまんないね。

友達と、彼氏と、周りの人たちと関わり合いながら毎日楽しいなって思える生活。

たった1つのウィッグでこんなに毎日が変わるのかよって

こんなに自分の気持ちって変わるのかよって。びっくりだよね

ハゲてきてしまったから

ウィッグを買わなきゃいけない

ハゲを隠さなきゃいけない

確かにそうなんだけどさ、

それだけじゃ楽しくないじゃん、だから

カワイイ自分になりたい

自分に自信を持ちたい

今より少しだけ自分の事好きになりたい

もっとおしゃれを楽しみたい

ハッピーになりたい

今よりちょっと幸せな気分になりたい

そんな前向きな気持ちを叶えてくれるのがウィッグだと私は思います。

人生も、おしゃれも、楽しんだもん勝ちです。

んで、そんな私の「可愛くなりたい」を

超絶なコスパで再現してくれたリネアのウィッグは

脱毛症のみんながハッピーになるにはぴったりのウィッグだと私は思うから

それはもう心からおすすめしたい。

【リネアの詳しいウィッグレビューを見るなら】

⇒【口コミ】リネアストリアの天使のエマを5カ月使ったので着画レビューと感想

 

コメント

  1. はな より:

    こんにちは!
    めちゃめちゃ共感しました。
    私の同年代の同僚は、そろそろ白髪が目立って白髪染めなどで苦労してますが、私は黒々としたウィッグを颯爽とかぶるだけ(笑)
    一瞬でおしゃれが叶う便利さに、毎日がたのしいです。
    確かにときには鬱々することもありますが、なにもかもを諦めた人生は送りたくない!と思って、私もおしゃれをしっかり楽しんでます。

    • さな さな より:

      はなさん

      コメントありがとうございますー!
      「一瞬でおしゃれが叶う」まさにそうですよね^^
      めいっぱいおしゃれを楽しまれているはなさんとっても素敵です!!
      人生楽しんでいきましょー!

  2. ヒロコ より:

    こんにちは♪
    ヒロコです(^^)

    ウィッグ威力を日々感じている1人です笑
    リネアさんのウィッグわたしも使ってます!めっちゃかわいいですよねー(^^)
    お店行ってめっちゃ試着しまくりました!笑

    髪がないときは、好きな服とメイクをしても全然テンション上がらなかったんですけど、ウィッグつけると景色が変わりますね!

    ウィッグの企業もスタッフの方々も本当に寄り添ってくれる、そんな想いがあるだけで人として生きてることを感じさせてくれます。

    あと、彼氏さんよかったですね!
    幸せ報告嬉しかったです(^^)
    お幸せに!!!

    • さな さな より:

      ヒロコさん

      コメントありがとうございます!!
      ウィッグの力はすごいですよね。
      女性としておしゃれを楽しめるってすごく嬉しいことだと改めて思います^^
      なにより毎日楽しんだもん勝ちですもんね!

      ありがとうございますー!
      彼には感謝でいっぱいです^^