【簡単】ウィッグの自然な産毛&もみあげの作り方!

こんにちはー脱毛系女子のさなです。

ウィッグって安心して耳がかけれないからヤダよね。

不自然に見えるのってヤダ!

風が吹いた時のおでこも気になるし。

でも簡単に加工できるから問題なし!

新しいウィッグ買ったらたいてい自分で加工してます。

最初は失敗したらどうしようって

●十万するウィッグに手を出すのびびってしょうがなかったから

最初は安いウィッグで練習したほうがいいかもですね。

まぁすぐ慣れるけど!

産毛を作るよ

おでこ周辺の産毛をつくるよー

風が吹いたときに前髪がふわってなっても

産毛があればそんなに不自然じゃないよね。

最近は産毛付きウィッグもあるよね。いいよなあれ

でもノーカットウィッグも買うんでそんなときは自分で作ります。

最初はこんなんです!

ウィッグ感ありまくりでだいぶ不自然ですね。

ではまずはじめに

前髪をピンとかなんでもいいので落ちてこないようにとめて、

毛をちょっとずつ引っ張り出します。

量はお好みでいいです。

このくらいは欲しいかな?って量で。

私は前髪あつめが好みなのでこのくらいです。

毛が減ってしまうので

産毛はほんのちょっと。

量を決めたら
はさみで縦に切りまーす

横向きで切っちゃうと毛先が揃ってしまって不自然なので

縦に、少しずつ切っていきます。

ちなみにカミソリでもできます。

でもわたしは毛がブチブチいうのがよくわかんないけどなんか嫌だからハサミ派。

ちょっとずつ切っていって・・

こんな感じで完成!

もうちょっと増やしたい場合は

引っ張り出す毛の量を増やすだけです。

自然な毛の流れにするポイントは、

耳側に近づくにつれて毛の量を多く、長さも長くなるようにすること。

 

もみあげも作るよ

もみあげも作って耳をかけれるようにします。

ウィッグでも耳をかけることができれば

ヘアアレンジの幅がかなり広がります!

加工前はこんなん。

人形感・・・!

まず産毛と同じように生え際以外の毛はピンでとめておく。

そしてもみあげにあたる毛をちょっとずつ出しながら

すくように縦に切っていきます。

さっき作ったおでこの産毛となじませてもいいです。

やっぱり自然に見せるポイントは

縦にギザギザに切っていくことです。

産毛って毛先が揃うことないですもんね。

こんくらいで完成!

髪の毛おろして耳かけてみます。

だいぶ自然だよね!

耳の前に顔を近づけでもしない限りわかんないです。

ハーフアップとか、アレンジもしやすくなって安心です。

ちなみに私はリネアストリアのウィッグを愛用してます。

いろんなウィッグかぶってきたけど一番毛の質感が地毛に近くて自然。

自分でカットもしやすいからめちゃくちゃ気に入ってます。

レビューとかも書いてるので気になったらどうぞー

⇒【口コミ】リネアストリアの天使のエマを5カ月使ったので着画レビューと感想

過去には失敗もしたよ

中学生のころ母がいいウィッグを買ってくれたんだ。

今と違っていろんな髪型を選ぶことができなくて

ちょっと前髪が気に入らなかったんですよね。

このまま学校に行くのが嫌で、

我慢できず自分でじょきじょき切っちゃったんだ。

それはもう見事に失敗したんだ。

(あのサランラップのCMの子みたいんなった)

あれを見たときの母の顔が未だに忘れられない。