死ぬ病気。死なない病気。人生で一番つらい病気ってなんだと思う?

死ぬ病気。死なない病気。人生で一番つらい病気ってなんだと思う?

「脱毛症は死ぬ病気じゃないから、幸せだ」

これどう思う?

こんにちは。脱毛系女子のさなです。

小林麻央さんの訃報がテレビでたくさん報道されていますね。

あ、いやこの件について書きたいわけじゃないんだ。

ただ「お疲れさまでした」と「これからも絶対に忘れません」とだけ言いたい。

ご冥福をお祈りいたしますって言葉は祈って終わりみたいな感じが好きじゃないから使わん。

ということで(どういうことで)

死ぬ病気。死なない病気。いろいろあるけど

人生においてどの病気になったら一番つらいのか?についての考察です。

 

脱毛症は死なない病気だから、幸せ?

バカ言ってんじゃないよ。

あ、スイマセンつい口が。

たまーに見ますね。Twitterとかで。

「脱毛症は命に関わらない病気だから、他の病気の人に比べて私は幸せ者なんだ」みたいな

確かにこの病気は五体満足で身体は健康体そのものですね。

それについては私も心からありがたいと思います。

でもさぁちょっと待ってよ。

病気は比べられるもんじゃないと私は思うんだ。

もっと正確に言うなら

病気の辛さなんて比べられるものじゃないと思うんだ。

「あの人より私はつらい」

「あの人は私より幸せだ」

なんて比べようがないんだって。

だってそもそも辛さなんて人それぞれなんだから比べようがないんだよ。

つらさを測る計測器がありますか?つらさの単位がありますか?

「からさ」はイケるけどね!

ちなみにからさを測る単位は「スコヴィル値」だよ!なんか強そうでいい!!

 

私にとってはこの病気が一番つらい

一番言いたいのは、

経験した人にしかそのつらさは分からないということだね。

全ての病気を1人で経験して、その中でこれがツライって言えたらいいんだけど

まぁまず無理なんで。

だからガンとかなったことないし正直に言うけど

私は脱毛症という病気が私の人生の中で一番つらかった

いじめに合って学校が怖くなったことも。

他人からいろんな目を向けられる毎日も。

日に日にみすぼらしく、人間らしくない見た目になっていく自分を見るのも。

私にとっては「死にたい」と思うには十分な病気でした。

だから、この病気のつらさは十分わかるんだけど。

生きたいのに死ななきゃいけない病気の人たちもいるじゃんって?

もちろん理解してるけどその人たちの気持ちを分かってあげることは私にはできない。

応援してあげたり、力になってあげることはできても

つらさを分かってあげることはできない。

他の病気になったことがないから

私には他の病気のつらさは分からないんです。

想像することはできても気持ちを分かってはあげられない。

だから他の病気の人と自分の病気なんて比べようがないんです。

当たり前のこと言ってると思わない?

だから一番言いたいのは

他人と自分を比べるだけ無駄なんだよってことです。

その人にはその人だけのつらさがあって

私には私だけのつらさがある。

あなたにはあなただけが感じるつらさがあるんです。

死ぬのが一番つらいのか

死ぬほどつらい毎日を送るのが一番つらいのか

何を一番つらいと思うのかも人それぞれだからです。

だから他人と比べて落ち込むことも、

他人と比べて無理に前向きな言葉並べる必要もないんだよ。

私はこの病気が死ぬほどつらかった!!今もつらい!!悲しい!!

髪の毛が抜け落ちていく日々が一番悲しい。

素直に、そう言っていいんです。

自分が感じたことだけが真実です。

「脱毛症は命に関わらないから、甘えちゃだめだよね」

「健康な人がうらやましい」

なんて思って欲しくないんです。

自分の人生を他人と比べて諦めて欲しくない。

あなたが、何を一番悲しいと思うのか。

あなたが、どう思うのか。

そして、どう生きていきたいのか。

正直に、それを一番に大切にしてほしいんです。

明日生きてる保証なんてないから

脱毛症だろうが健康だろうが

明日絶対生きていることが保証されている人間なんて地球上にいません。

なにがあるかは分からないからです。

未知のUFOが地球をぶっこわすかもしれないし?

大地震で自分の真下が崩れ去るかもしれないし?

もうちょい現実的な話で言えば歩いてたらいきなり刺されて死ぬかもしれないし?

可能性は絶対に0だと言い切れる人なんていません。

だから、私は髪の毛が無くたって

明日死んでもいいって思えるくらい楽しく生きています。

居たい場所で。見たいものを見て。やりたいことをやって。

小林麻央さんもとてもステキなことをおっしゃってました。

人の死は、病気であるかにかかわらず、

いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。

だから、

与えられた時間を、病気の色だけに

支配されることは、やめました。

なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。

だって、人生は一度きりだから。

引用:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955

脱毛症だからってことを理由に

変に前向きになろうとしなくていいし

変に開き直る必要もありません。

自分の気持ちに正直にいてください。

そしてその先が

あなたにとって「生きててよかった」って思える毎日になりますように。