友達に脱毛症をカミングアウトしたいけど躊躇してしまうときに考えたい1つのこと

こんちゃ。脱毛系女子のさなです。

Twitterとか知恵袋でいっぱいこのお悩みがありました。

そして私も悩んだことがありました。ので書く。

友達に脱毛症ってことを言いたいけど言えない。

気を使わせちゃうのがヤダなって思う。

どんな反応が返ってくるのか怖い。

気持ちわかりすぎィ!

 

脱毛症のカミングアウトはいつだって怖い

脱毛症になったばっかだろうが

20年脱毛症であろうが

人にハゲだと打ち明けるのは怖い。

なんていうんだろーか。胸の底のほうがヒヤッてする感覚だよね。

わかる。わかるよその気持ち。

ウィッグをつけて普通の人として接しているけど

本当はみんなとは違うんだ・・!

でも打ち明けることによって

友達が「この子の前で髪の話題は避けたほうがいいかな」とかって思って

気を使わせちゃうのとか悪いなぁ。

てゆーかなんかだましてるみたいでごめん。

って思うよね。

ほんと自分が病気なのに人のこと考えられるってすげー優しい。

まずはそんな自分を盛大に褒めてあげてほしい。

そして怖いなどうしようかなとかって悩むのも当たり前のことだから

隠している自分に対して後ろめたさとか感じる必要もないです。

人には言いたいことも言いたくないことも色々あって当然です。

女の子なのにハゲなんて、一生誰にもバレたくないくらいのもんだと思う。

それでも誰かに打ち明けたいけど悩んでいるときは

この人に病気のことを話したいかどうか

ってことを考えるといいと思います。

 

本音で話せる人に打ち明ける

仕事の事情で言わなきゃいけないとかは別にして

友達とか彼氏とか。

私が脱毛症を打ち明けようと思う時は、

この人とは本音で話したいかどうかをまず考えます。

相手に気を使わせてしまうとかよりも、

自分がその人に対して気を使っているかどうかが大事。

自分が気を使うような相手って、ほぼ相手も気を使ってるわけで。

そういう相手は脱毛症うんぬんじゃなくそもそも本音で話したりしてないから

言わなくても踏み込んだ話しないから別に会話に支障がないし

打ち明けても更に気を使われるだけだったことが経験上多かったな。

なのでそういう人にはごまかして言わないことも多いです。

これから密に付き合っていきたい人じゃないから深く話す必要ないっていうか

でも本音が言える人ってこれから先も付き合っていきたいし

自分が思ってることを正直に話したいから

なんか必然的に脱毛症のことも話さざるをえないんだよね。

脱毛症のことで悩むことも多いから。

相手も気使ってこないんで普通に髪の毛の話とかしてくるけど

こっちとしてはそのほうが嬉しいよね。

「ちょ、ねーからw」とかも言えて楽。

打ち明けるか打ち明けないか。そこの線引きは

自分がこの先その相手とどう付き合っていきたいかが大事じゃないかなって思います。

自分が打ち明けたいと思う相手ほど怖がらなくて大丈夫

真剣に話を聞いてほしくて、

病気の悩みを話したくて打ち明けるのであればいいんだけど

知っといてほしい程度であれば

びっくりされたり深刻になられたりするとヤダなぁっていうのあると思います。

でも打ち明けたいって思う人ほど、意外とあっさりした反応をくれたりします。

自分が気を使ってる相手にカミングアウトしたときと

自分が気を使わない相手にカミングアウトしたときの違い

過去の経験で再現してみた。↓

ーお互い気を使う間柄編ー

A子「髪の毛すごくきれいだよね!シャンプー何使ってるの?」

「私さ、脱毛症で髪の毛なくてこれウィッグなんだよね」

A子「そうなんだ・・!気付かなくてゴメンね・・辛いならなんでも話してね。最近悩みとかある・・?」

「・・・・( ^ω^)」

A子「言いたくないならいいんだよ!汗 なんかゴメンね・・」

ーお互い気を使わない間柄編ー

B子「髪切りたいわー。いつもどこで切ってんの?」

「あ、言ってなかったけど脱毛症で髪の毛ないから伸びないんだよね。これウィッグ」

B子「あ、そーなん?めっちゃ自然じゃね?高いの?」

「20万とかするからねまじで。金くれ。」

B子「は?働け。美容院どこがいいかなぁ(携帯ポチポチ)」

私は病気だとしても相手にも気にしないで欲しいんで

圧倒的にB子みたいな反応が楽でした。(高校生みたいな会話は別として)

だから何?みたいな

打ち明けたいって思う人ほどこんな反応なんですよね。

自分のことをわかってくれてるんだと思います。

さらっと軽めに

「ニキビできちゃってさー」くらいの感じで言ったら

「ふーん」で終わることもありました。(激軽

「実は・・その・・私、病気でさ・・」なんて感じで言うと

相手も「!?・・お、おう・・!」みたいに身構えちゃうもんね。

なんかの記事でも書いたけど

周りの人たちは私たちが思ってる以上に見た目は気にしていないので

信頼できる友達であれば怖がる必要はないです。

いつも楽しく一緒にいる友達の髪が地毛であろうとウィッグであろうと関係ないんです。

逆の立場だったらあなたもきっとそう思うと思うんです。

あなたの中身が好きで、一緒にいてくれるんです。

そこは十分自信をもって大丈夫。

自分が「この人には話したいな」って思う人に病気を打ち明けるときは

そんな自分の中身と自分を好きでいてくれる友達を信じてあげてください。

 

コメント

  1. みほ より:

    さなさんこんばんは!今回の記事もすごーく納得しました!打ち明けた方がいいのかな?でも今後の会話に影響が出るのは嫌だな、気を使わせちゃうかな…と、真面目な私は思考の堂々巡りで(T . T)でも、自分を基準に考えたら…なんてシンプル!自分が気を使ってる相手ってほぼ相手も気を使ってる!そうなんですよね。それを基準に考えると、そんなにみんなに打ち明ける必要ないなって思いました。どんだけ周り不信なんだって気がしますが…(^_^;)誰にだって言えない事の一つや二つありますよね。

    • さな さな より:

      みほさん

      コメントありがとうございます!

      問題は言わずにいることが自分のメンタル的に良くないってことだけであって
      誰にでも言う必要はないなって思いますね^^
      分かっといて欲しい人にだけ打ち明けるで全然いいと思います。
      「病気」を話すといいうより「本音」を話す感覚ですね!

      周りからどう思われるか、とか
      私たちはいろいろ考えてしまいがちですよね。
      でもそれって自分がどうしたいかでシンプルに解決するんですよね!