急に髪の毛が抜けてしまう円形脱毛症の症状は?種類別に解説

こんにちは。脱毛系女子のさなです。

円形脱毛症というと、ある日いきなり

頭に10円ハゲが!!

ストレス!?

みたいなイメージがありますよね。

実は円形脱毛症にはこれだけじゃなくって色んな種類があるんです。

今回は円形脱毛症の主な種類をいくつかご紹介します。

 

単発型・円形脱毛症

これがいわゆる一般的なイメージの強いヤツ。

ある日突然頭髪に10~500円大くらいの軽いハゲが見つかります。

円形脱毛症の中ではこのタイプが一番多く、中には気づいていない方もいます。

子供からお年寄り、女性男性関係なく発症することがあります。

約80%の方が1年以内に治癒するといわれてます。

特に隠さないでも問題が無い場合が多し。

最近芸能人の人も多いみたいですね。

芸能界ってストレス多そうだもんなぁ。

多発型・円形脱毛症

円形のハゲが2つ以上あったらコレです。

何個かハゲがあるだけで1つよりも治るまで長く時間がかかります。

さらにそのひとつひとつがくっついて

広がっていき、大きくなる場合もあります。(多発融合型)

ひえー。

蛇行型・円形脱毛症

その名の通り、「ヘビが通った跡のような」ハゲができます。

発症する場所は後頭部から側頭部。生え際に広がります。

このタイプはなかなか完治することが難しく、治療に何年もかかったりします。

ちなみにわたしはこれ。

基本的にもみあげやうなじから無くなっていくので

髪の長い女性であればウィッグを被らなくても多少ならバレない場合も。(体験談)

全頭型・円形脱毛症

髪の毛が完全に抜け落ちてしまう全頭型。

このタイプも非常に治りにくいといわれています。

何年もこの全頭型円形脱毛症と戦っている方をたくさん知っています。

かのわたしも全頭を経験したことがあります。

髪の毛が少し生えたり少し抜けたりを繰り返して

「なんなんだっよっ、、!!」

ってなります。

焦らずに根気よく、治療を続けていくことが大事です。

汎発型・円形脱毛症

頭だけではなく眉毛、まつ毛、体毛など全身の毛が抜けてしまうタイプ。

上記に紹介した円形脱毛症のタイプから症状が進行し、

最終的にこの汎発型であるというかたも多いです。

あらゆる毛がなくなってしまうので精神的なダメージが大きいです。

もちろんわたしも経験済み。(今も右の眉毛だけ一向に生えない)

 

どのタイプも治療することが大切

円形脱毛症のタイプによっては、

何年にもわたって根気よく治療をしていく必要があります。

軽い単発型だから、そのうち治るだろうと

放っておくのはおススメできません。

わたしがそうでした。

円形脱毛症は進行していくと

その分治すのに時間がかかるからです。

近所の皮膚科でも構いません。

診察してもらうことを強くおすすめします。