円形脱毛症の治療法を体験談と共に詳しく解説します!

円形脱毛症の治療法を体験談と共に詳しく解説します!

こんにちは。脱毛系女子のさなです。

「円形脱毛症なんてほっときゃ治るよ」なんて

何 を 根 拠 に 言 っ て る の?

ほっといても治らなかったわたしがいるよ。

気にしすぎはよくないけども。

 

円形脱毛症の治療って何するの?

まず円形脱毛症の治療には

社会法人日本皮膚科学会「円形脱毛症診療ガイドライン」を元に行います。

これはなにかっていうと、

日本皮膚科学会の皮膚科のお医者さんたちが

これまでに行われてきた治療法をすべて検証して

有効な治療法をのせた診療マニュアル。

ゆわば何十年にもわたる皮膚科医の研究と努力の結晶。

今の日本には

これ以上の有効な治療法はありません。

ほっとけば治るなんて巷のうわさと

医師の実績と研究の結果、

あなたはどっちを信じますか?って話。

でも重要なのは、お医者さんは頑張って研究してくれてるけど

根本的に治す、完治させる治療法はまだないってこと。

あくまで有効な治療法です。

ステロイド局所注射

狂った免疫機能を抑える効果のあるステロイドを

ハゲてるとこに直接注射します。

これ、めっちゃ痛いです。

なんていうのかな。

頭蓋骨と頭皮の間に針を通されるような感じ。

しかもハゲが広範囲だったら何度も何度も刺されます。

想像しただけで痛いわ!

でも効果は高いです。髪の毛生えてきました。

ただ、注射した部分だけです。

ピンポイントな脱毛の人はいいと思います。

痛いのが大丈夫であれば。

わたしはもう絶対やらない。

あとは注射したとこが陥没したりすることもあります。

わたしは陥没はしなかったけど

2週間くらいはそこだけボコボコしてた。

局所免疫療法

今の治療の中で最も効果があるといわれてる治療法。

わざとかぶれさせて毛を生やす方法です。

人工的な化学試薬をハゲてるとこに塗って、

弱いかぶれの皮膚炎を起こして

毛包周辺で暴れてるTリンパ球の気をそらすのが目的。

治療は3段階あって長期戦です。

第一段階:感作

この試薬は自然界に存在しない人工的なものなので

体にこの試薬を認識させることから始めます。

これを感作っていいます。

まずは1~2%の高濃度の薬を患部に塗って24時間放置。

1~2週間後に赤く腫れてたりかぶれてたら感作完了。

第二段階:判定

感作したことを確認したら

試薬をどのくらいの濃度で塗っていくかを判断する。

薄めの濃度から2~3週間に一回塗って効果を見ていく。

第三段階:継続

濃度が決まったら2~3週間に1回塗りながら継続。

1カ月ごとにお医者さんに効果を見てもらいながら様子を見ます。

ある程度毛が生えてきたら塗る回数を減らしたり

効果が見られるまで長期間継続することも。

一番有効っていわれてるだけあって

治療の有効率はなんと60%。

子供でもできる治療です。(妊婦はNG)

難治型の円形脱毛症の治療でやることが多いけど

治療期間は半年から1年と長い。

しかも保険が適応されない薬なので自由診療なところがデメリット。

まあそれでも治療費は1回1000~3000円くらいだけど。

弱いかぶれっていうけど結構かゆい

長時間被ってるウィッガーにとってはだいぶストレス。

あとアトピーとかじんましんのある人は一時的に悪化することもある。

治療を中止すると再発する可能性が高い。

でも毛が生える。迷うところです。

わたしはいまはやってないです。

一番にかゆいのはやだー。

冷却治療(雪上炭酸圧抵療法)

雪みたいにふわふわしたドライアイスとか液体窒素を塗って

狂った免疫の働きを抑えて毛を生やすための治療。

患部を急速に冷やすとそのあと血行も良くなる。

火傷しないの?って思うけど

脱脂綿とかでっかい綿棒みたいのでさっと塗るだけなので大丈夫。

発症したばっかのとき、

町の皮膚科で、先生がちょっと不器用だったのかな☆

わたしはうなじあたりに火傷した。笑

でも副作用はほとんどないし、

ピリピリした痛みがじわ~って感じられるくらい。

血行よくするために今もたまにやってます。

紫外線療法

紫外線を当てて毛包へのTリンパの攻撃を抑える治療。

アトピー性皮膚炎などの皮膚病にも行われます。

回数や頻度は症状によって差があって

だいたい2週間に1回~6回くらいを数カ月続ける。

毛が生えてくると毛に紫外線を当てられないので

全頭型や汎発型の患者さんに行うことが多い。

紫外線を直接あてるので肌がヒリヒリしたりかゆくなる。

ひどければ水ぶくれになる可能性もある。

16歳未満の子供はできません。

直線偏光近赤外線照射療法(スーパーライザー療法)

これも照射する系。

皮膚の奥まで届く特殊な赤外線を照射して

自律神経にまで届き、全身の血行を良くすることができる。

「スーパーライザー」っていう特殊な装置を使う。

名前がかっこいい

光を当てるだけなので簡単。副作用もない。

単発型や多発型に行うことが多いです。

点滴静注ステロイドパルス療法

がっつり入院してステロイドを大量に点滴する治療。

不眠、動機、頭痛、微熱、倦怠感の副作用もあって

免疫が極端に弱まるので医師の観察のもとで治療します。

そんな気合いいれた治療とかめっちゃ治りそう!!

って思うんですが

発症6カ月以内の急速に進行が悪化する成人患者にのみ有効。

発症後6カ月を過ぎた患者には16%しか効果がなかったそうな。

ちょっと残念だね。

入院期間は3日くらいの短期間。

 

先生と相談すること

いろんな治療法がありますが、

大事なのは信頼できるお医者さんを見つけて

その人の言うことをちゃんと聞くこと。

治療の方針は先生によって違うんです。

だからこの人の言ってることに共感できるとか

なんか感じがいいなって先生を見つけること。

そしてわたしたちは自分のハゲた頭しか見てないけど

先生は何千、何万って人の症状を見てきてます。

わたしたちとは比べ物にならないくらいの知識があります。

素直に自分より先生を信じたほうが絶対いい。

でも痛いのもかゆいのも嫌だったら嫌でいいです。

それがストレスになるならしないほうがいい。

絶対完治する治療法ならわたしだって痛くてもかゆくても我慢するけど。

でもできる限り髪を生やすために治療をするんなら

ストレスの無い治療法を、焦らずやってくのが

心にも髪にも優しい選択だと思います。

今わたしは冷却治療と塗り薬、飲み薬でのんびり治療してます。

円形脱毛症で使う薬について詳しくはこっち

円形脱毛症の治療に一番効くのはステロイド?治療薬を解説!