円形脱毛症の治療に一番効くのはステロイド?治療薬を解説!

円形脱毛症の治療に一番効くのはステロイド?治療薬を解説!

こんにちは。脱毛系女子のさなです。

円形脱毛症の治療は病院に行って行う治療と

自分で飲んだり塗ったりする治療薬の併用が基本です。

円形脱毛症の詳しい治療法や体験談はこっち

円形脱毛症の治療法を体験談と共に詳しく解説します!

薬漬けになるのかな、、?

って心配なあなた。大丈夫。

薬の数自体ちょー少ないから。

 

治療にはどんな薬を使うの?

円形脱毛症の薬の効果は2つ。

狂った免疫の攻撃を抑える

頭皮の血行を良くする

この2つを飲み薬塗り薬で目指します。

治療で使われる飲み薬

抗アレルギー薬(第二世代抗ヒスタミン剤)

花粉症とかアレルギー症状を抑えるお薬。

アレルギーとかアトピー素因を持つ円形脱毛症の患者さんが飲みます。

アレルギーやアトピーは免疫以上にかなり影響するから飲むんだね。

アトピー素因ってのは

「アトピー性皮膚炎」「気管支炎」「アレルギー性鼻炎」

のいずれかが該当する人のこと。

わたしはアレルギー体質だからこれは欠かせない。

ハウスダストと動物がわたしの天敵。

でも動物はめっちゃ好き。かなしいよ。

副作用はほとんどないけど

たまに眠気とかだるさがあるときもある。

この薬は酔い止めと同じ成分だから

間違っても一緒に飲んじゃダメ。

もれなく驚異的な眠さが襲ってきます。(体験談)

セファランチン

アレルギー反応を抑えたり、血流を増幅させるお薬。

これ単体で毛が生えるのかは根拠がないみたいだけど

診療実績が多いからほとんどのお医者さんはこれ出します。

副作用は胃の不快感と食欲不振っていわれるけど

この20年間感じたことはない。

ごくまれだと思われ。

グリチルリチン、メチオニン、グリシン複合材

グリチルリチンメチオニングリシン

って10回言ってみ?

ぐりりるりりんめしおにんぐりちん!

毛包の炎症やアレルギーを抑えるお薬。

これも効果のほどは科学的な根拠はないけど診療実績に

基づいて使用される。

副作用は血圧の上昇とか腹痛。

ステロイド(内服)

ステロイドは炎症と免疫機能を抑える効果がかなり高い。

まして飲むステロイドの効果はそうとうです。

広範囲にわたって脱毛した成人にのみ使います。

子供がステロイドを使用すると成長障害の恐れがあるため

絶対服用しないように!

お医者さんも出さないです。

なのによ?

わたしは小学校5年生のとき、

ステロイドの服用をしてました。

20年前の小さな町医者にはその知識がなかったのかな!

無かった髪の毛がね、

全部生えそろいました。

ただ、やっぱり副作用ですんごいことになりました。

顔はパンパン、肩もパンパン。

顔は赤らんでもうそうとうブサイク

あんま変わらないんじゃないって?うるせぇ!

副作用については後で説明するけど

ステロイドは副作用の強い薬なので

大人でも3カ月以上飲んじゃダメです。

その結果、当時11歳の私は

服用を止めたとたんに

一気に髪が抜け落ちました。

子供にステロイド内服を薦めるお医者さんがいたら

そこには絶対いかないほうがいいです。

まぁ最近はいないと思うけど。

治療で使われる塗り薬

ステロイド(外用)

円形脱毛症に対して効果の高い塗るタイプのステロイド。

塗る分にはほとんど副作用がなくて

単発型とかの軽度の患者さんにも出します。

難治の患者さんはこれだけだと回復は難しい。

塩化カルプロニウム外用

フロジン液・アロビックス液など。

市販の育毛剤にも使われている血管拡張作用のある成分で、

多くの発毛効果の実績が認められている。

なりたての円形脱毛症のときには

これを出されることが多い。

見た目はサラサラした緑色の液体。

ちょっとクサイ!

これ塗ったあとの頭ってなんか、変な、

おじいちゃんみたいな匂いになる。おじいちゃんごめん

副作用は発汗、かゆみ、かぶれ、炎症。

発汗作用はかなりあります。

塗ったあとは心臓がドキドキして汗が出る。

ミノキシジル外用

これも血管の拡張作用があるお薬。

市販の育毛剤に多くみられる成分です。

日本より海外でよく使われていて、

海外だと多くの発毛効果の実績がある。

 

この中でステロイドが一番効く?副作用は大丈夫なの?

紹介した薬の中では

塗り薬でも飲み薬でも

円形脱毛症の治療に対する

ステロイドの効果はずば抜けてます。

ステロイドが開発されたときなんか

「奇跡の薬」なんて呼ばれてたらしいよ。

だからこそ副作用が心配ですよね。

ステロイドにも強いのとか弱いのとかあって

円形脱毛症で出されるのはやや強めのが多い。

デルモベート(最強)とかリンデロンVG(強め)とか。

強さによっても副作用は変わってきます。

ステロイドの副作用はこんな感じ。

ステロイド外用薬

  • 皮膚が赤くなったり委縮する
  • 細菌感染症
  • 皮膚の真菌症

ステロイド内服薬

  • 顔が太ってパンパンになるムーンフェイス(満月様顔貌)
  • 身体の中心部に脂肪がつきやすくなる中心性肥満
  • 毛細血管の拡張によって頬が赤くなる
  • 首から肩にかけて脂肪がつく野牛肩

ステロイドの塗り薬に関しては

先生の言うとおりに塗っていれば

副作用は気にするほどのことじゃないです。

20年間なんの副作用も感じたことはありません。

緑内障や白内障の恐れがあるので

目に入れさえしなければ心配しなくても大丈夫。

でも内服薬は人によっては

私のようにかなりヒドイかおことになるので

よーーく信頼できる先生と相談してください!

弱めのを短い期間で飲む、とか。

治療の前に、生活に支障が出ないことのほうが

んぜったい大事だから。

そんな怖い副作用あるならステロイドは使いたくないわ!

って思ってしまうところですが、

副作用についてちゃんと先生と相談して、

用法容量をしっかり守って使えば

ステロイドはかなり有効なお薬

かなりの治療実績があるお薬なので信じて大丈夫。